借金は弁護士に相談して早期解決~借金地獄に陥る前に~

借用書がない借金ってどうなる?

借金は誰でもあまりしたいとは思わないものですが、やむを得ない理由で借金をしなければいけない状況に追い込まれてしまうこともあり得ます。借金をしなければいけなくなった時に備えて、借金の基礎知識を学んでおきましょう。

 

借用書がないと困る理由

今回は、貸す側にとても借りる側にとっても重要な意味を持つ借用書の書き方について解説します。
借用書とは、金銭の貸し借りがあったことを示す重要な書類です。お金の貸し借りをしたときに借用書を作成しておかないと、後で返済トラブルが起こる確率が高まります。借金や利子の額はもちろん、借主が踏み倒しを考えた場合、借用書が無いと借金の事実そのものを争う羽目になってしまいます。

 

借用書がないということがないように

借用書には決まった書式はありませんが、最低限記載しておかなくてはいけない内容があります。
貸主・借主・保証人の氏名、借金の金額と利息、手書きの署名捺印です。最低限これだけの情報が記載されていて、借用書というタイトルと日付の記載があれば借用書としての効力が発生します。

 

借用書がない場合は弁護士に相談

万一期限までに返済できなかったときの取り決めも記載しておくとより効果的です。ただし、法律に違反する内容や公序良俗に反する取り決めについていては、当事者の合意のもとで作成された借用書であっても法的な効力は認められません。

まずは減額できるかチェック!

※減額出来る?自分に合ってる方法は?
例:Aさん 560万⇒109万
「こんなに減額出来るなんてビックリしました」
↓無料借金シミュレーター↓

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士事務所の選び方

経験・実績がある
費用(初期費用・分割払い)
特徴(借金専門弁護士はいるか)

無料相談/メール相談・電話相談/24時間365日受付/即日対応可能(取立をすぐにSTOP)/秘密厳守(家族に内緒で借金問題を解決できる)など
それぞれ事務所によって違うので、自分に合った事務所を探しましょう。

失敗したくない方必見!


無料相談ができる弁護士事務所まとめ