借金は弁護士に相談して早期解決~借金地獄に陥る前に~

連帯保証人のため親の借金の肩代わり

親御さんがなくなったとき、通常お子さんがその財産を相続します。
相続というと、ばら色の未来が待っているような印象がありますが、実はそうとも限りません。
相続をするのは、財産や株式、土地というようなプラスの財産だけではありません。

 

親の借金について

親御さんが作った借金や、親御さんが連帯保証人になっていたために背負った借金というマイナスの財産も、相続の対象となります。
それならば、プラスの財産だけ相続をして、マイナスの財産は相続放棄すればいいのではと考えがちですが、そう都合よくは行きません。
プラスの財産とマイナスの財産は不可分なものです。
どちらかを相続すれば、もれなくもう一方もついてきます。
マイナスの財産を放棄したい場合には、プラスの財産を放棄しなければなりません。

 

親の借金を肩代わりした方がいいの?

どうしようか悩んでいるのであれば、弁護士に相談をしましょう。
まずは、プラスの財産とマイナスの財産、全てをテーブルの上に並べます。
基本的には、その段階で相続放棄をするのがいいのですが、知らずに相続してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。
その場合も、決して手遅れではありません。
その場合、債務整理をすればいいのです。
借金の債権者と話し合いをして、利息をカットしてもらったり、あるいはプラスの財産を処分するなどの解決方法があります。

まずは減額できるかチェック!

※減額出来る?自分に合ってる方法は?
例:Aさん 560万⇒109万
「こんなに減額出来るなんてビックリしました」
↓無料借金シミュレーター↓

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士事務所の選び方

経験・実績がある
費用(初期費用・分割払い)
特徴(借金専門弁護士はいるか)

無料相談/メール相談・電話相談/24時間365日受付/即日対応可能(取立をすぐにSTOP)/秘密厳守(家族に内緒で借金問題を解決できる)など
それぞれ事務所によって違うので、自分に合った事務所を探しましょう。

失敗したくない方必見!


無料相談ができる弁護士事務所まとめ