借金は弁護士に相談して早期解決~借金地獄に陥る前に~

ニートでも自己破産できるの?~借金問題解決~

自己破産できる条件として、会社員やフリーター、主婦など様々な肩書きによる制限は特にありませんが、いわゆる主婦・学生を除いた働いていない人と定義されるニートでも自己破産は禁止されていません

 

しかしニートは基本的に無収入と見なされるので、働ける状況でありながら収入を積極的に得ようとしない態度であれば、自己破産の条件をクリアするには厳しいものがあります。
実際、近い将来就職活動をする意思があり、安定した収入を得られる予定があるなら、自己破産以外の債務整理の方法を取るほうが自身にとっても有益になります。

 

借金解決チェックしてみましょう

借金解決ツール


今スグ匿名・無料で診断!

 

ニートでの可能性

任意整理や特定調停であれば、借金の減額をする事で、分割払いなどで借金残額の完済ができる可能性が出てきます。
ですから就職活動を頑張ってやっても、なかなか職が見付からずに生活状況が改善できない場合は、自己破産も検討したほうが良いでしょう。
現実的に考えてみると、無収入であるニートに貸金業者や信販会社が容易にお金の貸付やクレジットカードの作成を許可している事は殆どないので、自己破産する状況に陥るのは考えにくいです。

 

どんなに考えても自己破産するしかないと考える時は、債務整理のプロである専門弁護士や司法書士に無料でカウンセリングしてもらえる所もありますので、遠慮せず頼って最善の手段を教えてもらいましょう。

まずは減額できるかチェック!

※減額出来る?自分に合ってる方法は?
例:Aさん 560万⇒109万
「こんなに減額出来るなんてビックリしました」
↓無料借金シミュレーター↓

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士事務所の選び方

経験・実績がある
費用(初期費用・分割払い)
特徴(借金専門弁護士はいるか)

無料相談/メール相談・電話相談/24時間365日受付/即日対応可能(取立をすぐにSTOP)/秘密厳守(家族に内緒で借金問題を解決できる)など
それぞれ事務所によって違うので、自分に合った事務所を探しましょう。

失敗したくない方必見!


無料相談ができる弁護士事務所まとめ