借金は弁護士に相談して早期解決~借金地獄に陥る前に~

自己破産のデメリットについて

自己破産とは、法的に借金を全額免除されるというものです。
借金の返済に困った人にとっては有難いばかりですが、ただ借金がなくなるというだけではなく、デメリットも当然あるのです。

 

自己破産のデメリット

まず、自己破産した時には、一定の個人の資産や財産を手放さなくてはなりません。
それにより、少しでも債権者に還元させることになるのです。
当然土地や家、車などの資産価値のあるものは売却することになります。

 

次に、自己破産をしたことにより、転職をしようと思った際に、幾つかの応募資格の制限があるということです。
例えば警備員や金融機関などは自己破産してすぐに勤めるということは信用問題にも関わりますので難しくなります。

 

もう一つは、自己破産した後しばらくは、裁判所の許可なく連泊の旅行に出かけることはできません。
もちろん引越しもできなくなります。

 

以上のように社会的な制約が非常に多くなります。

 

そして最後に、自己破産のデメリットして本人に関係はなくても重大なことがあります。
それは、連帯保証人がいた場合、債権者がそちらに取り立てを行うことになる、ということです。
多くの人が連帯保証人になったばかりに自分に関係のない借金の催促を迫られているという実情があります。
自己破産をする時には、自分さえ助かれば良いというのではなく、債権者や連帯保証人という他人に迷惑をかけ、信頼を失うことは避けられないと思いましょう。

まずは減額できるかチェック!

※減額出来る?自分に合ってる方法は?
例:Aさん 560万⇒109万
「こんなに減額出来るなんてビックリしました」
↓無料借金シミュレーター↓

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士事務所の選び方

経験・実績がある
費用(初期費用・分割払い)
特徴(借金専門弁護士はいるか)

無料相談/メール相談・電話相談/24時間365日受付/即日対応可能(取立をすぐにSTOP)/秘密厳守(家族に内緒で借金問題を解決できる)など
それぞれ事務所によって違うので、自分に合った事務所を探しましょう。

失敗したくない方必見!


無料相談ができる弁護士事務所まとめ